陰陽波動学「ほしごよみ」~another world~

「なぜ始まり、なぜ終るのか?」 科学技術で日々複雑に動く現代社会の歪を、 古代東洋波動哲学により紐解く!!

2018年01月

(自然界の周期 × 個人のバイオリズム =
心と体の 影響・変化、運勢を考察する。)
 
|
陰陽波動学とは? |

元祖トレンディー女優、独身卒業!

女優、浅野ゆう子(57)が
月11日、昨年末に同世代の一般男性と結婚したことを発表した。
0501_2
浅野ゆう子 さん
命数> 
[4]年:未[3]月: 乾巽[8]型

命式> 戊戌(日) 
癸未(月) (年)

数理>
       火:34
       |
_木:15-土:49-水:48
       |
       金:47│Total=193

命図> │鳳閣│天報
_ ──┼──┼──
_ 調舒玉堂│司禄
_ ──┼──┼──
_ 天庫│司禄│天堂

2017年
の運勢
宿命が、秋の山。秋の山は宝の山です。大きな器で耐久力が強いという意味があります。
この日生まれの人は、何かに凝り始めると、とことん追求していく性質があります。その追求するエネルギーは、宿命が正印格に準ずるカタチから、芸術・文化・学問等に向かいます。
内面に強さを秘めながら、外面は柔らかく協調性のある人です。コツコツ努力していくことで、持ち前の強いエネルギーを生かし、大成していくタイプです。

また、宿命が干合支刑格であること、日干支が異常干支であることから、どうしても結婚運気が不安定なため、タイミングが重要になってくる宿命です。最適な結婚のタイミングとは、干合支刑格の影響が、でにくい年を選ぶということになります。本人の宿命の関係から、干合支刑格に影響を及ぼす五行は土性となります。
つまり、土性エネルギーが比較的弱い時期が、結婚には良い時期・タイミングとなります。

下のグラフは、数理法(陰陽五行により生命エネルギーを数値化する技法)により算出した、年毎の生命エネルギー数値を五行別にグラフ化したものです。
graph01
結婚した2017年の茶色ライン[土性エネルギー]の値は(ピンク矢印の位置)、前年にくらべて急激に低下しているのがわかります。また、土性エネルギーの平均値よりも下にあることがわがります。
こういう年廻りは、干合支刑格の影響が弱まり、結婚のタイミングのしては、良い時期であると云えます。

2017年、九星卦数が「雷天大壮」に在り、偉大な力、盛大、強気、勇猛果敢などの意味合いが、心に影響を与えます。

ご結婚おめでとうございます。
今後、益々のご活躍をお祈り申し上げます。
 
 
| ▼スピリチュアル サイト |
 
 
|
 ▼お問合せ | HOME |
 
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

(自然界の周期 × 個人のバイオリズム =
心と体の 影響・変化、運勢を考察する。)
 
|
陰陽波動学とは? |

キタサンブラック引退式!

G17勝を挙げたキタサンブラック(牡6=清水久)の引退式が1月7日、京都競馬場の最終レース終了後に行われ、武豊を背に芝コースを軽快に駆け抜けた。
最後の雄姿を見届けた北島三郎オーナーは、引退式の最後には集まったファンに、サプライズで「まつり」を披露した。
16266200_10154537807401137_4945528096998578570_n
北島三郎 さん
命数> 
[1]年:酉[1]月: 乾巽[1]型

命式> 己未(日) 
丁酉(月) (年)

数理>
       火:53
       |
_木:11-土:40-水:20
       |
       金:28│Total=152

命図> │玉堂│天馳
_ ──┼──┼──
_ 貫索│鳳閣│禄存
_ ──┼──┼──
_ 天南│龍高│天貴

2018年
の運勢
宿命が、暑い土。砂漠の砂。この日生まれの人は、気丈な性格であり、幼少期は平穏で堅実な人生を歩みますが、突然に一大変化を経験する運勢となります。向上心を常に持ち地道に努力し続けることが大成していくキーポイントとなります。
さらに宿命の格が食禄神格に準ずるカタチ。この格の持ち主は一生、食べることに困らない財運が安定する運勢となります。

①2018年現在、想運が2017年から9旬に入り天禄星が廻る旬です。食禄神格において天禄星が廻る時期は特に財運が上昇します。

②更に、下のグラフは、数理法(陰陽五行により生命エネルギーを数値化する技法)により算出した、年毎の生命エネルギー数値を五行別にグラフ化したものです。
赤色ライン[火性エネルギー]は本人の守護神の五行です。守護神とは、本人の持ち味・キャラクター・素質を人生において展開しやすくする五行エネルギーのことです。
守護神の五行エネルギーが高い値だと、自分自身を人生において発揮しやすく、逆に低い値だと、自分自身を人生において発揮しにくいということになります。
2017年以降の火性エネルギーの値は右肩上がりであり、上昇し続けていることが解ります。そのことにより、宿命の食禄神格の性質(財運上昇運気)がより強く表れます。
graph01

①②が同時に重なる時期はこの2017年からの9旬のみであり、この時期が最も財運が強まる時期になっていきます。

今後、益々のご活躍をお祈り申し上げます。
 
 
| ▼スピリチュアル サイト |
 
 
|
 ▼お問合せ | HOME |
 
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ