陰陽波動学「ほしごよみ」~another world~

「なぜ始まり、なぜ終るのか?」 科学技術で日々複雑に動く現代社会の歪を、 古代東洋波動哲学により紐解く!!

2018年02月

(自然界の周期 × 個人のバイオリズム =
心と体の 影響・変化、運勢を考察する。)
 
|
陰陽波動学とは? |

六段に昇段。史上最年少記録を更新!

将棋「朝日杯将棋オープン戦」決勝で藤井聡太五段が勝利。これにより、藤井五段は一般棋戦優勝の史上最年少記録(15歳6カ月)を更新。史上最年少での六段昇段を果たしました。2月1日の五段昇段から、わずか16日だった

29a707c7
藤井聡太 さん
命数> 
[7]年:未[3]月: 艮坤[5]型

命式> 戊子(日) 
丁未(月) (年)

数理>
       火:66
       |
_木:19-土:67-水:38
       |
       金:00│Total=190

命図> │禄存│天将
_ ──┼──┼──
_ 司禄│牽牛│石門
_ ──┼──┼──
_ 天報│玉堂│天堂

2018年
の運勢
宿命が、冬山(霊山)・冬の山岳。どこか威厳があり、何事にも動じない質を持っています。
この日生まれの人は、生まれつきの強運の持ち主です。その強さから、運勢の起伏も激しくなります。周りから理解されにくいところもありますが、何事もこなせる人なので、貧しさ・苦しさ・悔しさといった苦境を跳ね返す粘りと力で信用を築いていきます。内面に強さを秘め、外面は物腰の柔らかい人です。
堅実さと、持ち前の強いエネルギーを生かしていくことが開運のキーとなります。

そして宿命の最大の特徴、宿命の格が、土局潤下格に準ずるカタチです。難格とも云われ、生まれながらにしてハンディキャップを抱え易い宿命です。そのことで、他人に理解されなかったり、時には疎外感を感じたりします。
しかし、そのことが時に大化けして、とんでもない発見・発明・達成・地位・名誉を手にすることもある宿命です。

この場合、運勢の良し悪しは、難格の影響が弱い時期が運勢が良いということになります。本人の宿命の関係から、難格の影響を及ぼす五行は土性となります。
つまり、土性エネルギーが比較的強い時期が、難格の影響が弱まり、運勢の良いタイミングとなります。
下のグラフは、数理法(陰陽五行により生命エネルギーを数値化する技法)により算出した、年毎の生命エネルギー数値を五行別にグラフ化したものです。
graph180226_01
2018年の茶色ライン[土性エネルギー]の値は(ピンク矢印の位置)、平均値よりもかなり強い値であることがわがります。
こういう年廻りは、難格の影響が弱まり、運勢の強い時期であり、結果が出やすい時と云えます。

2018年、九星卦数が「雷水解」に在り、雪解け・解放・解消・難が解ける、などの意味合いが、心に影響を与えます。

六段昇段おめでとうございます。
今後、益々のご活躍をお祈り申し上げます。
 
 
| ▼スピリチュアル サイト |
 
 
|
 ▼お問合せ | HOME |
 
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

(自然界の周期 × 個人のバイオリズム =
心と体の 影響・変化、運勢を考察する。)
 
|
陰陽波動学とは? |

史上初の五輪2連覇を達成!!
平昌オリンピック、フィギュアスケート男子で、羽生結弦(ANA)が2月17日、合計317.85で、今大会、日本勢で初めて金メダルを獲得し、この種目で66年ぶりとなるオリンピック2連覇を果たしました。
IMG_4969
羽生結弦 さん
命数> 戌[6]年:子[4]月: 南北[5]型

命式> 丁卯(日) 
丙子(月) 甲戌(年)

数理>
       木:45
       |
_水:28-火:37-金:20
       |
       土:15│Total=145

命図> │玉堂│天印
_ ──┼──┼──
_ 龍高│車騎│禄存
_ ──┼──┼──
_ 天胡│石門│天馳

2018年
の運勢
宿命が、春の野焼き、春の月、おぼろ月夜です。枯草が瞬く間に燃えるがごとく、才能が一気に吐き出して開花する意味があります。物事に対して純粋であり、素直に受け入れ、尽くすことができます。ロマンチストで夢を追うような性質です。
宿命の格が偏官格に在ります。その意味は闘争心。この闘争心によって、自分の役目を地道に淡々とこなしていくことで大成していく宿命です。

下の円グラフは、行動領域法により、宿命の行動領域を示したものです。ピンクの三角形が彼の宿命の行動領域になります。
graph180222-01
あくまでも性質を判断するものであり、大小で吉凶をみるもではありません。
円を東西南北にそれぞれ直線で区切ると、4面の領域ができます。北東の面に1領域の隅の方に小さくピンク三角形が形成されています。
領域が狭いということは、一つの物事に集中して深堀していくことが、宿命を昇華すること、運勢を上げていくことに繋がりやすいということを表しています。

想運が2014年から10年間、2旬目に入っています。以下が彼の想運表になります。
想運とは、心のバイオリズム・心に廻る季節を運勢学的に表したものです。
table180222-01
2旬における南北[5]型の人は、最も季節からエネルギーを得やすく、強い動きが出来る10年となります。
10年という単位での大きな流れで、自分らしさを発揮しやすい旬・季節に在ると云えます。

下のグラフは、数理法(陰陽五行により生命エネルギーを数値化する技法)により算出した、年毎の生命エネルギー数値を五行別にグラフ化したものです。
graph180222-02
青色ライン[水性エネルギー]は本人の忌神の五行です。忌神とは、本人の持ち味・キャラクター・素質を人生において、最も展開しにくい、五行エネルギーのことです。
忌神の五行エネルギーが低い値だと、自分自身を人生において発揮しやすく、逆に高い値だと、自分自身を人生において発揮しにくいということになります。
2018年の水性エネルギーの値は五行の中で最下位値であり、そのことにより、エネルギー的には自分自身を人生において発揮しやすい年廻りと云えます。

更に2018年は、年運が天空象に在る年廻りとなります。
年運・月運とは、太陽・月・地球の周期からの影響を運勢学的に表したものです。以下が彼の年運表になります。
table180222-02
天空象とは空間周期と時間周期の違いの歪から起こり、0と無限大、有限と無限ということが常に共存する、特殊な運気現象を云います。
この時期、どのように行動するか選択するかによって、0にもなるし、無限大にもなりうるということになります。
0になるとは、0の掛け算と同じく、何をやっても上手くいかない0になるという意味であり、無限大になるとは、普段ではありえない枠を超えた現象が起こる意味です。
2018年の年天空象は、鳳閣空象で廻っているため、健康・怪我などにその意味が付き纏います。

この時期、宿命が戌亥天空象である彼の開運方法は、孤高を貫き、現実から逃げず直視し、自分の役目を地道に淡々とこなすことがキーとなります。
2018年天空象が0に向かった場合、
九星卦数が「水山蹇」に座り、災難・不協和音・困難・疎外・苦しみ悩む・行き悩む・孤立、などを表す星の影響を受けます。
2018年天空象が無限大に向かった場合、
九星卦数が「雷水解」に座り、雪解け・解放・解消・難が解ける、などを表す星の影響を受けます。

今回は彼の驚異的な精神力・執念・地道な活動によって、天空象が無限大に向かったものと推測できます。

金メダル、おめでとうございます。
今後、益々のご活躍をお祈り申し上げます。

 
 
| ▼スピリチュアル サイト |
 
 
|
 ▼お問合せ | HOME |
 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ