(自然界の周期 × 時空間のバイオリズム =
 様々な現象を考察する。)
 
|
陰陽波動学とは? | 貴方の今日の運気 |
 
令和はどのような時代に?!
予測・考察!!

 
「令和」はどのような時代になるのでしょうか?
陰陽波動学により、令和時代の事象について予測・考察していきます

mount_fuji_panorama_5k-1280x720
令和時代に与えられたコードは、
「令和前期」=干支「乙丑」九数「3」
「令和後期」=干支「丙寅」九数「2」
です。

令和時代に廻る九数「3」と「2」この九数の共通キーワードは、「精神性」「平和・安定」です。
令和時代の根底に流れる意識は、「精神性の充実」「平和・安定」ということになります。
zu20190502-01
「令和前期」
令和前期に当てはまる干支は「乙丑」です。
「乙」は草、蔦、蔓、種です。「丑」は冬の湿った土です。「乙丑」は寒草、湿った土に生えている草です。
春を迎える寸前、もう少しで芽が出る種のイメージです。
着実にゆっくりと、平和・安定、中庸・バランスなどの意味合いを表します。
令和前期に当てはまる九数は「3」です。
「3」の意味は、黎明、夜明け、精神、目覚め、誕生、夢、理想、希望を表します。

令和前期は、春を迎える寸前、黎明、夜明けが意識されて、さまざまな分野で、夢や希望が感じられる出来事・発表があるでしょう。
精神性が重視され、物質面だけでなく、精神面でも人生を充実させていきたいという思考が強くなっていきます。
 
「令和後期」
令和後期に当てはまる干支は「丙寅」です。
「丙」は太陽です。「寅」は春です。「
丙寅」は春の太陽です。
ようやく春を迎えて、草花が咲き、動物や人々が外に出てくるイメージです。
前進力、発展性、出会い、家族、交流などの意味合いを表します。
令和後期に当てはまる九数は「2」です。
「2」の意味は、成熟、貯蓄、受動、入力、滋養を表します。

令和後期は、春を迎え、令和前期ではまだ種だった、さまざまな分野での発見・発表が、前進・発展していき、新たな価値を生み出していきます。
公私共に充実を感じられる時代になっていきます。
  
 
「令和時代総括」
<全体>
令和中期から後期に向かうに連れて、平成時代よりも中流階級が厚くなっていきます。公私共に平和・安定を実感する人々が増えていきます。

<産業界>
人手不足の解消の為、外国人労働者の法律が緩和されて、平成時代よりも外国人の労働移住・往来が活発になります。

<テクノロジー>
平成時代は、IT技術の発展により一人一台スマホの時代に・・・。令和時代は、乗り物・物流が発展していく時代に。
リニアモーターカーや次世代飛行機、次世代自動車(全自動運転)、更に20年~30年後には、新しい推進力の発明により、空を往来する自動車が当たり前に、
その為、地上権の問題が多くなる。

<事故・災害>
乗り物・物流の急速な発達により、乗り物の事故が多くなる。
火山の活動期に入った為、火山活動に関する災害が多くなる。

<政治・経済>
令和中期から後期に向かうに連れて、政治・経済は安定期そして成長へ、日本技術の高性能の部品が、軍事部品として、各国から引く手あまたに

 
今後のトピックスに注目しましょう

 
 
 
| ▼スピリチュアル サイト |
 
 
|
 ▼お問合せ | HOME |